更年期障害は正しい漢方薬の知識で乗り切れます。

更年期障害を楽に過ごすために

更年期障害を楽に過ごすためには、
健康を意識すればいいと思います。

 

更年期だけではなく、
いつも健康を意識すれば、
更年期など何の心配もいりません。

 

簡単にいえば、睡眠・運動・ストレス解消です。
当たり前のことですが、できていない人が多すぎます。
できていないにかかわらず、原因は他にあり、その原因を探そうと悩みます。

 

更年期障害の多数は、睡眠・運動・ストレス解消で解決します。

 

でも、どうしても、漢方薬などの薬に頼らなければならない人もいます。
漢方薬については改めて解説したいと思います。
お急ぎの方に、気軽に飲める薬をご紹介します。
更年期障害の治療に和漢のきもち

更年期障害を認識する

 

女性はある時期になると、女性ホルモンの分泌が低下し閉経を迎えます。
一般的に、50歳で閉経し、その前後の5年間、45〜55歳が更年期とされています。

 

更年期には、ホルモンバランスが崩れます。
心身にさまざまな症状が起こりやすくなります。
これが更年期障害といわれています。
人によっては非常に複雑な症状や強い苦痛を伴うことがあります。

 

 

体の症状でよく見られるのは、のぼせ、発汗、冷え等です。
卵巣をはじめとする内分泌腺の働きの変化からくるホルモンのアンバランスが、
原因となって起こってくる自律神経系の変化による症状を更年期障害とよびます。

 

自律神経の症状というのは更年期の場合、
めまい、顏のほてり、肩こり、イライラして落ち着かない、高血圧などがあり、酷い場合は苦痛となることもあります。

 

更年期障害があるということを認識しておくだけで、
その後の対応がやりやすくなります。

 

 

女性の悩みはこちらでチェック
女性の悩みクリニック